ライフスタイル

髪の毛を抜きすぎてはげたと悩んでいるなら対策を開始

自分で髪の毛を抜きすぎてはげたことで悩んでいる人向けに解説しています。

髪の毛を抜きすぎてはげることはある

髪の毛を自分で抜いているだけもはげることはあります。同じ場所の髪を抜き続けていると、抜いた部分だけ薄くなっていくのは当然です

抜いた髪は何日で生える?癖があると日数も伸びる

抜けた髪の毛はヘアサイクルの期間を経て、約3ヶ月で生えてきます。例え自分で抜いた髪の毛であっても、約3ヶ月の期間で生えます。

ただし、自分で髪を抜く癖があるとヘアサイクルが乱れがちになりますので、3ヶ月以上の期間がかかることもあります。

また、毛根を死滅してしまうと髪の毛は二度と生えてきません。

毛根が生きていればまた生えてる

自分で髪を抜くくらいの刺激では毛根が死滅するほどのダメージが起こるとは考えにくいです。

ですが、抜きすぎていると毛根も傷つきヘアサイクルの周期が乱れますので、生えてくるスピードなどに影響があります。

はげてしまったときの対策方法

一時的に隠してごまかす

抜く癖は、なかなか改善しにくく、抜いた髪が生えてくるのにも時間がかかります。すでにハゲてしまったところは、生えてくるまで一時的に隠すしかありません。

帽子やヘアスタイルでハゲを隠していこう

ハゲたところを一番隠せる方法は帽子をかぶることです。髪全体を覆うので、ハゲたところも隠せます。

髪がベタとしやすくなる点や、室内でも外せない点などのデメリットはありますが、人の目が気になるのなら帽子で隠していきましょう。

ヘアスタイルで薄くなった部分をカバー

ハゲた部分を隠すようなヘアスタイルで誤魔化していきましょう。どんなヘアスタイルが良いかは、個人のハゲかたによって違います。

美容師さんに相談すると、ヘアスタイルのアドバイスをもらうことができますよ。

癖を改善するには病院での治療

抜毛症の原因は精神的な側面が大きく、自分で治そうとしても難しい面があります。癖は自分ではなかなか改善できにくいもので「やめなくちゃだめ」と思っていても、自分の意思だけでは止められないのも事実です。

抜毛症の改善策の一つとしては、病院での治療があります。自分で抜毛症だとの認識があるのであれば、精神科や心療内科で一度診断を受けてみましょう。

抜いた髪の毛を生やすために頭皮を健康にする

自分で髪を抜かなくなれば、いずれは髪の毛は生えてきます。ですが、自分で髪を抜いている場合は頭皮が傷ついている可能性が高く、髪も生えづらくなっています。

少しでも早く髪を生やしたいのであれば、頭皮環境を整えていきましょう。

育毛剤の使用する

育毛剤の効果の一つに発毛促進がありますから、自分で抜いた髪を生やすお手伝いをしてくれます。ですが、自分で抜いた髪と、薄毛になっている人とではハゲの理由が違いますので、当然使うべき育毛剤も違います。

自分で髪を抜いていると多少なりとも頭皮は傷付き、繰り返し抜くことで皮膚も硬くなっています。自分で抜いた髪のケアで使うのなら、トリコチロアールのような抜毛症に特化した育毛剤を使っていってください。

髪の毛を抜きすぎてはげたのなら対策をしていこう

自分で髪の毛を抜きすぎるとはげていきます。自分でわかっていても、ついつい抜いてしまう癖となっているのであれば抜毛症になっていることもあります。

抜毛症であるのなら病院での治療を行っていきましょう。同時に自分で抜いてしまった髪を生やすためにも、抜毛症に特化した育毛剤を使っていきましょう。