ライフスタイル

生乾き臭がヒドイ!旦那のだけ洗濯物が臭い理由と対策

「旦那の使ったタオルは洗濯しても生乾き臭がする」
「せっかく洗濯をしても、旦那の衣類や寝具のニオイがとれない」

あなたは毎日洗濯をしながら、結婚したての頃は大丈夫だったのに、歳を重ねて中年になるにつれ、旦那さんの洗濯物が臭くなってきたことに困っていませんか?

旦那さんの洗濯物が臭い原因と対策について紹介しますので、よかったら参考にしてくださいね。

生乾き臭の原因。旦那のタオルや服だけ臭う理由は「皮脂と雑菌」

洗濯物から生乾き臭がする原因は、洗濯物に残った皮脂汚れをエサに増殖した「雑菌」です。

他の家族の洗濯物は臭わないのに、旦那さんのタオルや服だけ臭くなってしまうのは、洗濯では落ちきれない皮脂や角質が沢山残ってしまっているからです。

理由は、男性の場合、30代の後半になると若い頃よりもねっとりとした脂を含んだ汗をかくため。

ですから、中年の男性が使用したタオルや寝具、衣類は、雑菌が増殖したり、皮脂が酸化したりして嫌なニオイを発生させてしまいます。

しかも、脂を含んだ汗が繊維にべっとりと絡みついているので、通常の洗濯では汚れが落ちず、ニオイも残ってしまうのです。

40代男性は「加齢臭」「ミドル脂臭」が混じり合い人生で一番体臭がキツくなる

一般的にオジさんのニオイで連想するのは「加齢臭」ですが、実は加齢臭はそれほどニオイがきつくありません。

強烈なのは、頭の後ろや首あたりから漂う脂っぽいニオイの「ミドル脂臭」です。

ミドル脂臭は、35歳から45歳ころがピークで、加齢臭は40歳ころから加齢とともにどんどん強くなっていきます。

つまり、40代の男性は、ミドル脂臭と加齢臭、さらには若い頃からある一般的な汗臭が混ざり合い、人生で一番臭い時期と言えます。

ミドル脂臭の原因となる汗は、ねっとりと脂を含んでいるので洗濯しても汚れが落ちにくく、生乾きのときのような嫌なニオイがしてしまうことが多いのです。

他の洗濯物に加齢臭やミドル脂臭がうつるのを避けるための対策方法

  • つけ置き洗い
  • 石鹸で部分洗い
  • 予洗い

旦那の服やタオルが洗濯しても臭い場合は、一緒に洗った洗濯物に生乾き臭がうつってしまう可能性があります。

よく年頃の娘さんが「お父さんの洗濯物と一緒に洗わないで」と言うことがありますが、お父さんの存在を毛嫌いしているのではなく、本当に臭い場合があるからなんです。

他の洗濯物が臭くならないように、ニオイ予防の対策をしましょう。

つけ置き洗い

服に付いてしまった雑菌を取り除く効果のある「過炭酸ナトリウム」でつけ置きをしてから通常の洗濯をすると、ニオイが残りにくくなります。

セスキ炭酸ソーダやオキシクリーンなどを水に溶かし、10~20分ほど漬けてから洗うだけなので、手間もかかりせん。

洗濯槽のカビ取りにもなるので一石二鳥です。

石鹸で部分洗い

首筋や背中、脇など、脂っぽい汗が付きやすい部分におすすめなのが固形石鹸です。

固形石鹸は油汚れに強く、繊維の奥に入り込んだ皮脂汚れも絡め取ってくれます。

固形石鹸で部分洗いをしてから、通常通り洗濯機で洗いましょう。

予洗い

汗をたっぷり含んだ衣類がある場合には、一度予洗いして脱水をしてから通常のコースで洗うと、汗の汚れが他の洗濯物にうつりにくいです。

衣類やタオルについた雑菌のニオイは、他の洗濯物にうつるので、ニオイがきつい場合には他の洗濯物と分けて洗ったほうがいいです。

加齢臭やミドル脂臭は元からシャットアウトするのがベスト

加齢臭やミドル脂臭は、中年以降にかく汗が若い頃とは違って脂っぽくなることで、酸化したり雑菌が増殖するために発生します。

洗濯しても衣類にニオイが残ったり、ひどいときには他の洗濯物まで臭くなることがあるので、つけ置き洗をするなど対策が必要です。

でも、一番の解決策は、加齢臭やミドル脂臭の原因となる汗や皮脂を衣類によせつけないこと。

つまり、入浴時に皮脂汚れをしっかり落とすことが重要です。

加齢臭対策・ミドル脂臭対策として、多くの医薬部外品(薬用)のボディシャンプーやシャンプーなどが発売されているので、対策しましょう。

けれども、シャンプーやボディシャンプーは、肌や頭皮の表面についた皮脂しか取り除いてくれません。

汚れがたまりやすい毛穴の奥には、皮脂がたまったままなので、汗と混ざりニオイのもととなってしまいます。

ただし、洗いすぎると肌や頭皮が乾燥してしまい、逆に皮脂の分泌が活発になってしまうデメリットがあるので注意が必要です。

本気でニオイ対策をしたいなら毛穴の奥から汚れを落とそう

本来肌や頭皮に必要な皮脂は残し、加齢臭やミドル脂臭の原因となっている余分な皮脂汚れだけを取り除きたいなら、ミラブルのような超微細な気泡を含んだ水で体や頭を洗うのがおすすめです。

肌の表面の皮脂だけを落とすボディーソーブと違い、毛穴の奥から不要な皮脂や老廃物だけを取り除くので、根本からニオイ対策ができます。

シャワータイプだけでなく、工事の必要ナシでマイクロバブルが楽しめるポータブルタイプのミラバスもありますので、もし旦那さんがお風呂好きならお風呂タイプも選べます。

ミラブルはニオイ対策だけでなく美肌対策にも使える!

ミラブルは高額なので、旦那さんのニオイケアのためだけに買うのは躊躇してしまいますが、体臭対策だけでなく、美肌対策やヘアケアにも効果を発揮します。

  • 毛穴が目立たなくなる
  • 肌がもっちりと潤う
  • 髪がサラサラになる

と肌や髪にもメリットがあるので、家族全員で使えます。

以前からミラブルに興味があった方は、旦那さんの体臭対策を口実にミラブルを検討しちゃうのもいいですね。

ミラブルやミラバスの詳細を見る>>

まとめ

旦那さんの洗濯物だけ生乾き臭がしてしまうのは、加齢に伴う脂っぽい皮脂分泌の変化で、衣類に汚れが残り雑菌が繁殖してしまうからです。

つけ置きあらいや固形石鹸での部分洗いなどで、対策できるので試してみてくださいね。

でも、一番の解決策は、分泌された脂っぽい汗による皮脂汚れを入浴でしっかり落とすこと。

奥さんの美肌ケアや子供さんの肌の保湿ケアにも使えるミラブルのシャワーヘッドや、マイクロバブルのバスタイムが楽しめるミラバスなども検討してみましょう。