ライフスタイル

電気ポットのお湯交換は赤ちゃんのミルク作りに使っているなら毎日がベスト

赤ちゃんのミルクを調乳するために電気ポットや調乳ポットを使っている場合、ポットのお湯を継ぎ足しで使ってる人が多いのではないでしょうか。

継ぎ足した後、沸騰させているので大きな問題にはなりませんが、1日に1回はお湯を交換しポット内を掃除することをおすすめします。

電気ポットのお湯交換について紹介しますので、ミルク作りをされている方は参考にしてくださいね。

電気ポットのお湯は毎日交換したほうがミルク作りに安心

商品付属の使い方などを見ると、電気ポット内の水は1日1回の交換が推奨されています。

実際には、保温機能のある電気ポットのお湯は常に高温状態ですし、継ぎ足した場合には再沸騰させるので、水が腐ってお腹を壊す可能性は低いです。

ですが、継ぎ足しで使っているとカルキや水垢がポット内に蓄積しやすくなり、味や臭いに影響してきます。

絶対的なお湯を交換しないとダメな理由があるわけではなく、線引きが難しいのですが、大人だけが使うならともかく赤ちゃんに使う場合には、推奨されている1日1回を参考に自分でルールを決めて交換しましょう。

足りなくなった場合はお湯の継ぎ足しOK

赤ちゃんがミルクを沢山飲むようになってくると、1日の途中でお湯が足りなくなることもありますよね。

足りなくなったら、水を継ぎ足して沸かしてもOK!

常に継ぎ足しがダメというわけではなく、1日に1回はポット内のお湯を一度捨て、中を綺麗に洗えば、あとは継ぎ足しをしても問題ありません。

調乳ポットのお湯も交換しよう

調乳ポットには、調乳しやすい温度でお湯を保温してくれるものから、沸騰機能がついているものまでいろいろあります。

調乳ポット内のお湯も、1日に1回は全部捨てて中を掃除することをおすすめします。

電気ポットのメリット・デメリット

電気ポットは掃除が必要というデメリットもありますが、ミルクを作るたびにお湯を沸かさなくていいというメリットもあります。

メリット

  • ミルクを素早く作れる
  • 卒ミルク後にも使える

ミルクを素早く作れる

電気ポットは保温ができるので、赤ちゃんのミルクを作りたいと思った時に、イチからお湯を沸かす必要がなくすぐに調乳することができるのが大きなメリットです。

卒ミルク後にも使える

電気ポットは、赤ちゃんのミルク作り以外にも利用方法はいろいろあります。

コーヒーやお茶を飲みたい時にすぐ作れますし、調理中にお湯を使いたいときにも便利です。

デメリット

  • お手入れが必要
  • 置き場所を注意しないと事故に繋がる

電気ポットは、沸騰中は蒸気が出ますし、倒したら熱湯がこぼれ出るので危険です。

赤ちゃんが動き回るようになったら、置き場所に注意が必要です。

電気ケトルと電気ポットどっちがいい?

電気ケトルには電気ポットと比較し

  • その都度新しい水でわかせる
  • すぐに沸かすことができる

といったメリットがあります。

見た目的にも小さめでスタイリッシュなので、電気ポットよりも人気が高いです。

けれども、電気ケトルはすぐに沸騰してしまい、ポット内のお湯の温度が高いと再沸騰が難しい機種が多いので、実は赤ちゃんのミルクを作る時には向いていません。

なぜなら、水道水内に含まれるトリハロメタンは約15分沸騰させないと除去できないからなんです。

厳密には、水道水内の不要物を取り除くために必要な煮沸時間は、自治体によって違います。

大人が飲む分には、トリハロメタンが除去しきれてなくても問題ありませんが、赤ちゃんには与えたくないですよね。

ですから、電気ケトルで赤ちゃん用のお湯を作る場合には、浄水器を通しトリハロメタンを除去した水を使うことをおすすめします。

カルキ抜き機能がついた電気ポットも、1回の沸騰ではトリハロメタンは除去しきれていません。数回沸騰させて除去させましょう。

ウォーターサーバーがあれば電気ポット・ケトルや浄水器は必要ない

水道水内の不純物を取り除くために浄水器を使い、電気ポットでお湯を沸かして、保温機能のついた調乳ポットでスタンバイ・・・と、調乳するためにいろいろなものを準備しなければならないと思ってしまいますが、ウォーターサーバーがあれば全て解決できます。

ウォーターサーバーには、ミネラルウォーターのボトルが使われるものもありますが、ミルク作りに使うなら、アクアスタイルのような水道直結タイプがおすすめです。

なぜかというと、赤ちゃんはミネラルを多く摂りすぎると、腎臓に負担がかかってしまうので、水道水を煮沸して不純物を取り除いた白湯が1番身体に合っているからなんです。

アクアスタイルは、2種類のフィルターが水道水内のトリハロメタンや塩素などの不純物を取り除くので、煮沸しなくても白湯と同じ状態のお湯がいつでも出てきます。

お湯の温度は85℃で、調乳に必要な70℃以上のお湯がいつでも出てきますし、冷水と混ぜれば適温のミルクがすぐに作れます。

しかも、水道直結タイプは、ボトルの交換が必要なく、どんなに水を使ってもかかる料金は定額です。

ですから、使用量を気にせず、ごはん作りなどにも使えます。

チャイルドロックもついているので、歩き回る子供さんがいても心配ありません。

電気ポットはとても便利ですが、

  • 1日1回お湯交換が必要
  • 毎日ポット内の掃除が必要
  • 煮沸が足りない場合は不純物が除去しきれてない

といったデメリットもあります。

赤ちゃんに安心して使えるお湯を簡単に準備したいなら、安心して与えられるお湯をいつでも使えるウォーターサーバーを検討してみてくださいね。

アクアスタイルの詳細はこちら>>

まとめ

電気ポットや調乳ポットのお湯は、1日に1回は交換しましょう。

また、水垢やカルキが付きやすいので、毎日内側を掃除したほうがいいです。

電気ポットでお湯を沸かす場合、沸騰時間が短いと水道水内のトリハロメタンなどを除去しきれないので、複数回沸騰させたほうが安心して赤ちゃんに与えられます。

電気ポットの掃除や複数回の煮沸が面倒と感じる人は、水道直結型のウォーターサーバーも検討しましょう。