ライフスタイル

エピラットで眉毛脱色しても染まらない!色が抜けない3つの理由とは

エピラット 眉毛脱色

エピラットで眉毛を脱色しようとした時に染まらないのは

  • 眉毛が短すぎる
  • 眉毛が剛毛すぎる
  • 脱色時間が短い

という3つの理由があります。

そもそもエピラットは眉毛専用の脱色剤ではありません。

自己判断での眉毛脱色になりますが、うまく脱色できない理由と、上手に脱色できる方法をご紹介しますね。

⇒ エピラット脱色クリームのレビューを確認する

眉毛脱色したくてもエピラットでうまく染まらない3つの理由

エピラットで眉毛脱色がうまくできない理由は以下の3つです。

  • 眉毛が短い
  • 眉毛が剛毛
  • 肌が弱くて長く脱色できない

ひとつひとつ説明していきますね。

眉毛が短いと染まりにくい

実は毛が短いと脱色って失敗しやすいんです。

理由は、毛がピンと立っているから。

毛が立っていると、脱色クリームが眉毛にしっかりからまりません。

根元のほうだけに脱色クリームが接し、目に見える毛先のほうは染まらないという結果になってしまうのです。

眉毛は剛毛!だから染まりにくい

眉毛って意外と剛毛、つまり毛が元気な状態です。

しかも短いので、髪の毛のようにあまり傷まないんですね。

実は、毛を染めたり脱色する場合、毛が傷んでいたり、以前に脱色したことがある髪のほうが成功しやすいです。

なぜかと言うと、傷んだ髪はキューティクルが開いた状態なので、毛に色が入りやすく抜けやすいんですよ。

初めて髪を染めた時も、なかなか染まりにくくなかったですか?

眉毛も同じです。

初めて脱色する時は、なかなか色が抜けにくいです。

「色が抜けない」「染まらない」とがっかりするかもしれませんが、それだけ眉毛が健康状態ということです。

染めたいからという理由で、わざと眉毛を傷めるようなことはしないでくださいね。

逆に生えにくくなったりと、別の悩みが増える可能性があります。

肌が弱い=脱色時間が短い

脱色をする時は、脱色クリームを塗った後、ある程度時間を置く必要があります。

でも脱色クリームって、かなり肌に刺激があります。

肌の弱い人は、ヒリヒリしてなかなか長く放置できませんよね。

敏感な人は、目にヒリヒリする刺激感を感じる人もいます。

毛の脱色は、時間を長くしたほうが色が抜けやすいです。

時間を長くおけない、だから染まりにくいのです。

これで「染まらない」「色を抜けない」から脱出!エピラットでセルフ眉毛脱色を成功させる使い方!

エピラットでうまく眉毛脱色ができなかった人で、「どうしても再チャレンジしたい」「成功させたい」というひとは、以下の使い方を試してみてください。

・コットンを使う
・A剤とB剤の割合を変える
・待ち時間を長くする
・複数回脱色する

でも、ひとつ注意点があります!!!

エピラットの眉毛脱色は「自己判断」だということです。

エピラットは本来、腕や脚のムダ毛脱色用として作られています。

眉毛の脱色用としては作られていません。

だから、エピラットを眉毛に使うのは「自己判断」ということになります。

もし何かトラブルがあっても、メーカー側は責任をとってくれません。

肌のトラブル、目のトラブル、いろんなトラブルが考えられます。

眉毛のセルフ脱色は本当に慎重にやりましょう。

では、エピラットの脱色が成功する使い方を見ていきましょう!

「コットンをのせる」

エピラットを眉毛に塗るときには、眉毛がすっかりと埋もれるくらい塗りましょう。

そして、塗った後にコットンをのせます。

この「コットンをのせる」のが眉毛脱色の成功のコツです!

エピラットの上にコットンをおくことで、しっかりとクリームが毛に密着します。

また、目に液だれしないというメリットもあります。

「A液とB剤の割合を変える」

眉毛を脱色するときのエピラットの割合は、A液とB剤が1:1です。

最初は、この1:1の割合で試してみてください。

もし1:1でうまく染まらないときには、B剤の割合を増やします。

A剤とB剤の割合は1:2でやっているという人も多いです。

「待ち時間を長くする」

エピラットで眉毛の脱色をしている人の口コミを見ると、液を塗ってから10分くらい放置している人が多いです。

もし、10分でうまく染まらない時には、若干時間をのばしてみましょう。

長く放置することで、色が抜けやすくなります。

ただし、長く待つと肌への負担も大きくなります。

絶対に無理はしないでくださいね。

「複数回脱色する」

初めて眉毛を脱色したときは、うまく色が抜けないことが多いです。

成功しなかったときは、何度かチャレンジしましょう。

でも、複数回脱色する時には、時間をおく必要があります。

当日は絶対だめ。

数日内もやめたほうがいいです。

理由は、眉毛周囲の肌への負担が大きいからです。

様子をみながら1-2週間後にチャレンジしてみましょう。

肌が弱い人は、1週間あけてもヒリヒリするかもしれません。

刺激があるな・・と感じたら、すぐにストップしてもっと間隔をあけましょう。

エピラットのA液とB剤の違いは「アルカリ性」か「酸性」か

エピラットのA液とB剤のは「A液がアルカリ性」「B剤が酸性」という違いがあります。

A液がキューティクルを開き、クリームを毛の内部に導き、B剤が脱色するという感じです。

実際には混ざり合っているので、もっと複雑な働きをするのですが、ざっくりと説明するとこのような違いがあります。

だからB剤の割合を増やすと、脱色の力がまして色が抜けやすくなるというわけです。

繰り返し脱色するなら「眉毛ケア」も忘れずに!

眉毛を脱色する人は、眉毛のお手入れもぜひしてくださいね。

毛を脱色する時は、肌だけでなく毛も傷んでしまいます。

痛みがひどいと、薄くなってしまうことも!

マユライズのような眉毛専用の美容液がありますので、傷んで抜け落ちしまわないようにしっかりケアしてくださいね。

エピラットでヒリヒリするときに試してほしいこと

眉毛脱色のためにエピラットを使ったらヒリヒリした~という人もいますよね。

肌がヒリヒリするということは「刺激が強すぎる」ということ。

無理して使い続けると、大きな肌トラブルに繋がります。

そもそもエピラットは、腕や脚用の脱色クリームです。

顔に使うことを前提として作られていません。

本当はエピラットを使ってヒリヒリする人は、使い続けてほしくありません。

でも、どうしても「眉毛の脱色をしたい」と思う人もいますよね。

ヒリヒリするけど脱色したいという人は、エピラットの敏感肌用を使ってください。

⇒ 敏感肌用のエピラット脱色クリームの値段を楽天でチェックする

ヒリヒリする人は敏感肌用を使おう!

クラシエからでているエピラットには、いくつかの種類があります。

ヒリヒリしちゃう人は、「敏感肌用」という紫色のエピラットを選びましょう。

デリケートな敏感肌でも刺激を受けにくいような、優しい処方になってます。

その分、普通タイプやスピーディータイプよりも効きめが弱いです。

でも、背に腹は変えられません。

お肌を守ることを第一に考えましょう。

エピラットの敏感肌用を使ってもヒリヒリするという人は・・・

もしエピラットの敏感肌用を使ってもヒリヒリするという人は、眉毛脱色はあきらめましょう!

無理に脱色しなくても、メイクで茶眉にすればいいんです!

アイブロウパウダーを上手に使えば、黒眉の人も印象を柔らかくすることが可能です。

眉毛の色はメイクで変えられます。

でもトラブルをおこした肌には、無理にメイクができません。

眉毛脱色ができないのはちょっと残念ですが、潔く諦める勇気も大事です。

眉毛脱色に失敗したら眉毛ケアを!

眉毛脱色に失敗した場合、傷んでいるのは肌だけじゃありません。

当然眉毛も傷んでいるんです。

眉毛は顔の印象を大きく変えるので、トラブルは避けたいですよね?

最近は眉毛専用の美容液も売り出され、眉毛をケアしたい女子の間で話題になっています。

「マユライズ」は眉毛だけでなくまつ毛も同時にケアできます。

脱色で失敗した人は、美容液などでしっかり栄養補給をしてあげましょう。