ライフスタイル

テレビの拍手の音がうるさいと感じて不快になる理由と対策

テレビを見ていて、拍手の音を「うるさい」と不快に感じる原因は、複数考えられます。

原因によって対策方法も違いますから、まずは自分が拍手の音を不快に感じる理由を知っておきましょう。

テレビの拍手の音が「うるさい」と感じる原因

テレビを見ていて「拍手の音だけうるさく感じる」と不快に思う原因は、番組自体の問題や聴覚過敏、難聴などの複数の理由があります。

テレビ番組の作り方の問題

テレビ番組によっては、本物の拍手の音ではなく効果音として拍手の音を付け足している番組もあります。

最近はテレビ番組も予算が少なくなり、質の良い音声を使用できない、編集にお金が使えないなどの理由から効果音として拍手の音を使用している場合もあります。

機会的な拍手の音、繰り返し同じ音を使用することで、番組を見ている側は耳障りに感じたり、不快に感じやすいです。

見ている番組によっては、拍手の音をうるさく感じないのであれば、番組事態に問題があると考えられます。

聴覚過敏だと特定の音を不快に感じる

拍手の音だけでなく、特定の音をうるさく感じている場合は、聴覚過敏になっている可能性もあります。

聴覚過敏症とは、何でもない音が大きく聴こえる、耳に響くなど、聴こえ方に障害が起こり、音が耳に入ることに苦痛や不快感を伴う病状です。

聴覚過敏は「音過敏」とも言われており感覚過敏の一種です。他の人にとっては何でもない音が、自分だけは大きく感じたり、耳に響いてい感じたりし、不快や苦痛を伴って感じます。

例えば、食器を洗っているときのカチャカチャとした音や、金属がぶつかる音、子どもの声や女性の声などで感じる人が多いです。

どの程度の音で不快に感じるかは、人によって違いますから、テレビの拍手が「うるさいな」と感じる程度なら軽い聴覚過敏であることも考えられます。

聴覚過敏になる原因も複数あり、メニエール病やうつ病、自律神経失調症などが上げられます。自分が聴覚過敏になっている原因を知り、取り除き治療を行っていかないといけません。

難聴になっている可能性

耳が聞こえづらくなって、気が付かない間にテレビの音量が大きくなっていることが原因の場合もあります。

加齢のよる難聴であれば、高音は聞きづらくなる傾向があります。拍手の音は高音に分類されますから、難聴の家族を持つ人が、テレビの拍手の音をうるさいと感じやすいです。

まずはテレビの音質を調整して対策

テレビの音量を上げ下げではなく「音質」を設定で対策をします。

テレビの種類に寄って音質の設定方法は変わりますが、テレビの設定から「音質設定」から変更していきます。※イコライザを記載されている場合もあります。

音声設定では、低音・中音・高音を設定できますが、拍手の音は高音に分類されますので、高音を下げて設定してみましょう。

音質の設定で、ある程度は拍手の音が抑えられるはずです。ですが、他の高音の音も抑えられますので、他の音が聞こえづらくなることもあります。

難聴を自体を改善していこう

家族に難聴である人がいる場合は、テレビにスピーカーを付けたり、集音器や補聴器の利用を勧めてみましょう。

家族全員がテレビの音の聞こえが良くなるスピーカーを利用するのも、一つの方法です。

スピーカーはテレビの音だけにしか対応できませんが、補聴器は日常生活の全ての音に対応できます。

特に高齢者の難聴であれば、聞こえないのはテレビの音だけではありません。難聴を放置していると、コミュニケーション不足から孤独感を感じ、認知症の原因や悪化にも繋がります。

普段の聞こえが重要になりますので、補聴器を利用することも検討していきましょう。

補聴器は決して安い買い物ではないので、本当に自分が聞こえるのからを確かめてから購入してください。

例えば、みみ太郎では10日間の無料貸出があり、聞こえに満足できなかったら返却し、使い心地に満足すれば、そのまま購入できます。

どんなに優れた補聴器であっても、自分が聞こえるかどうかは試してみないと判断できません。可能であれば事前に、自分の耳で聞こえ具合を確かめてから購入するようにしていきましょう。

\10日間の無料貸出があるから安心です/

聞こえの問題を本気で何とかしたい人だけ確認してください